深夜散歩

おでん×ゴールデン街×初心者!「酔2(スイツー)」

ゴールデン街で、おでん

酔2(スイツー)」は、初心者でも安心・2人でも入りやすくてカップル多めのお店です。

冬はもちろん、夏でも粋なおでんを出してくれます。

 

お店の場所は、G2のまねき通り側に近い2F。

ワクワクしながら階段をのぼると、店主の村上さんが迎えてくれます。

お席についたらまずはお酒!

酔2 お酒とお通し

優しいお味のお通しが嬉しい。

おでんの出汁を使って、キャベツとワンタンが煮込まれたものでした。ホッとするー。

カウンターはこんな感じ。6人くらい座れそう。

酔2 カウンター

奥にはボックス席的な感じのお席もありました。

酔2 内観

よし、おでんだおでん!

大好きなコンニャクや竹輪を注文。エリンギもあった!

酔2 おでん

 

ホッコリする!出汁が優しい。

大人になって良かったなあって思うことって、お酒とおでんを満喫できるようになったことかも。

 

あおさもオーダー。

酔2 あおさ

おでんで”あおさ”ってなんだ?!って思ったらこういうことだった。あおさの香りと、おでん出汁を存分に味わうことができます。

 

ふと、壁に貼られたメニューを見ると、”おでんチャーシュー”という文字が。いったいどういう品なのか聞いてみたところ、「おでんの出汁で煮込んだやつ」という回答でした。うん、気になる!食べるしかないよね!!

酔2 おでんチャーシュー

なんだか不思議!ほんわかおでんのような気がする、でもやっぱりチャーシューなことは確かで、とにかくおつまみにピッタリ!

 

どうしてゴールデン街におでんBarを作ったのか、店主の村上さんに聞いてみました。

───「元々、池袋でおでん屋をやってたんですよ。そこが『酔』ってお店で。ここは2店舗目だから、酔2(スイツー)。今、ちょうど10周年。」

そういうことだったのか!なんで酔2なのか気になっていたのだ。1があったってことね。

 

なんで、”おでん”にしたんだろう。理由って?

───「狭いスペースでも仕込みから提供まで一人でできちゃうから。そもそもおでん好きなのもあったんですけどね。もちろん、おでんの研究はしましたよ。」

 

おでん屋さんを始める前も、飲食業だったんですか?

───「いいえ、全くの別業種。シナリオライターやってました。」

なんと!!!まさかの物書きさん!ただ、シナリオライター時代はブラック全開だったようで、それもあっておでん屋さんに転向したとか。

 

そんな村上さん、下の名前は紅に太いでコウタさん。粋。

岐阜出身なのに、なぜか栃木のレモン牛乳Tシャツを着ていても、粋。

酔2 店主さん

店内には、村上さんのイラストがずらり。お客さんが書いていったそう。もういっぱいイラストがあるからいらないって。笑

 

初心者さんに優しい、「酔2(スイツー)」。

料金は、チャージ500円・ドリンク600円から。

営業時間はだいたい19時から0時。やって2時くらいまでだそう。お休みの日はちょくちょく変わるかも。

 

飲み物だけでなく、美味しいおでんを食べることができます。空気を読んでくれる店主さんだから、静かにゴールデン街デートをしたい時にピッタリ。

お一人様はもちろん、2人で来ても全然OKなお店なので、とっても行きやすいはず。

 

おでん欲、満たされた!幸せ!